オルゴールのココロ

オルゴールのココロ

トップ  > オルゴールのしくみ(仕組み)


オルゴールのしくみ(仕組み)

【ガバナ】

【ガバナ】 オルゴールの機械の部分を眺めていると、すごい速さで回転している部品があります。これがガバナと呼ばれる機構の一部で、このガバナを止めるとシリンダーの回転も止まります。 回転速度はかなり速いようですが、指先などでも容易に止めることができる程トルクは小さいようです。シリンダーの1/3000程度のトルクだそうです。 逆に、素手でシリンダーを止めようとしてもなかなか止まりませんが、このガバナを止...

【シリンダー】

【シリンダー】 オルゴールを巻き上げると回転を始める部分がありあますが、この回転している円筒形の部分がシリンダーと呼ばれる部品です。 シリンダーにはたくさんのピンが埋め込まれており、このピンが弁をはじき音を出します。シリンダーは五線譜を丸めたようなイメージでとらえることができ、五線譜の進行方向に向かってシリンダーが回転します。...

【櫛歯】

【櫛歯】 オルゴールには櫛の形をした部品があります。シリンダーの突起物がこの櫛の一本一本をはじくことによって音がでます。   櫛の形をしているので、「櫛歯」と呼ぶそうです。ちなみにこの「櫛歯」の一本一本を弁と呼び、この弁の数が多い程、表現豊かな演奏が可能になります。小さいものだと18弁から、大きいものだと300弁のオルゴールもあります。 ところで18音しか音が出ない櫛歯で、どうして曲の演...